シアリス 効き目

シアリスのグラフ

 

これはシアリスを飲んだときの効果時間をグラフにしたものです。
シアリス5mg,10mg,20mg,40mgの血中濃度の推移を見ることでどのタイミングが一番勃起しやすかが分かります。

 

基本シアリスは飲み始めてから3時間で最大ピークを迎えそこから徐所に衰退していくパターンになります。
違うのはその血中濃度の濃さです。

 

血中濃度が高さは勃起の強さに比例します。
つまりシアリス5mgよりも20mgを飲んだほうが硬い勃起を期待できるという事です。

 

そして量を多くのんだほうが硬く勃起できる時間も増えることもこのデーターから分かります。
つまり2回目、3回目とセックスをしたいと思うのであればシアリスの飲む量を増やせば可能になるという事です。

 

血中濃度の上昇と勃起力の関係

あとこのグラフと自分の体験から血中濃度にはもう一つ大きな関係があることに気がつきました。

 

たとえば完全なフル勃起を100とした場合
あなたは素の状態でどこまで勃起できますか?

 

僕の場合は、シアリスなしだと60%ぐらいの勃起が限界でした。
では僕がここから100%のフル勃起をする為にはあと40%の補助が必要になるということが分かります。

 

シアリスのグラフから分かる効果時間と最大ピークのタイミング

 

じゃあその40%の補助はシアリスで言うとどのぐらいの量になるのか?
僕はシアリスを使っていくことでこの辺りの匙加減が段々とわかってきました。

 

僕の場合だと20mgのシアリスを半分にして飲むと丁度いい感じに勃起ができました
それ以上多く飲むとちょっと頭痛が出るようになり逆に1/4でも効果がでるのか実験した事があるのですが勃起力は正直足りませんでした。

 

つまり僕の場合だと10mgぐらい飲むのが丁度よい量という事になります。
なのでもし今後僕のEDの進行が進み素の勃起力が50、40と低下していけば今と同じ量では勃起を維持できなくなるという事が予想できます。

 

よくシアリスを飲んでいる人のブログを読んでいるとシアリスはもう効果が出なくなったという人がたまにいます。
ですが、これはシアリスが効かなくなったというわけではなくその量じゃ足りなくなったというのが正しい解釈でしょう。

 

これらは僕の体験による仮説なので医学的に証明されているわけではありませんが、あながち的外れではないとも思っています。
シアリスだけに限らずどんな物でも人によって合う合わないなどがあるので絶対ではありませんが、参考程度になれば幸いです。

▼ ED治療薬シアリスのネット通販はコチラ ▼